スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

インチをcm(センチメートル)で表すと?


上記のテレビのサイズは20インチです。

テレビのカタログとか見てるときにテレビのサイズを見ると「○○インチ」と書いてありますよね。

ですが、テレビのサイズが「○○インチ」と書いてあっても実物がないとなかなか、サイズのイメージってしにくいですよね。

まず、インチという単位が厄介でこの単位からイメージするのはなかなか難しいと思います。

今回は、インチについて紹介していきたいと思います。




1インチをcm(センチ)で換算する際、「1インチ=2.54cm」が一般です。
 
20インチならだいたい50cm(センチ)くらいです。

上記のようにcm(センチ)に換算すると案外イメージできるのではないでしょうか?

日本人は日常、長さの尺度として「メートル法」を利用してますからね。

インチの厄介なところはもう一つあります。

インチと言うのは、対角線の長さを表しているので、画面の縦横の比(アスペクト比)によって、「高さ」や「幅」の寸法が変わります。そこが厄介なところですね。

同じインチ数でも
横縦比が16:9のワイド画面と4:3(標準的な従来のアナログテレビ放送)では、

縦と横の長さ、が全く違います。

例えば、20インチのテレビで言うと

4:3画面だと高さが30.5cm幅が40.6cmです。

それに対して

16:9ワイド画面だと高さが24.9cm幅が44.3cm

のようにワイド画面だと横に広く高さが少し低くなります。

画面サイズを選ぶときはこのようなことに注意して選んでくださいね。
2010/07/14(水)
基礎知識

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| 液晶テレビ選び方ガイドホーム |
液晶テレビ選び方ガイドPage Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。