スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

スペックの見方





液 晶テレビ


プラズマテレビ




薄型テレビを選ぶときに重要な
スペックの見方について紹介していきたいと思います。
薄型テレビの場合、特にチューナーと画素数、搭載端子に注目しましょう。
TVを買うときに最も重要なのは画素数です。
コントラスト数値
画面の明るさ
コントラストは明度(明るさと暗さ)の比です。
数字が大きいほどメリハリのある、はっきりした画像になります。

コントラストの測定方法の種類
ダイナミックコントラスト
全白信号での画面最大輝度と全黒信号での画面最少輝度の比
暗所コントラスト
一画面内で同時に表示できる最大の明暗の比
画素数
解像度

フルハイビジョン、ハイビジョン、標準画質の3種類があります。

フルハイビジョン
37型以上を買うなら、放送を非常に高画質で楽しめるフルハイビジョン(1920×1080)を選ぶべきです。
ちなみに、プラズマ方式のフルハイビジョンは42Vからです

ハイビジョン
それほど画質にこだわらないけれど地上デジタル放送のハイビジョン画質(1280X720)の美しさを楽しみたいのであれば、ハイビジョンを選ぶべきです。
チューナー 購入すると、地上デジタル放送をみることになると思うので、地上デジタルチューナー搭載製品がおすすめです。
入力端子
出力端子
他のAV機器とつなげて高画質で楽しむためにもD端子がついているのがおす すめです。
映像を高画質で楽しみたい、著作権保護された映像を再生したい等、必要な方はHDMI端子が搭載されたテレビを選ぶと良いでしょう。
消費電力 同画面サイズで比較して消費電力の高いのは順に
プラズマテレビ>液晶テレ ビです。
年間消費電力量が少ないほど経済性が高いと言えます。
テレビを長時間見る場合は経済的には、プラズマテレビをお勧めします。
2010/07/13(火)
基礎知識

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| 液晶テレビ選び方ガイドホーム |
液晶テレビ選び方ガイドPage Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。