スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Wooo HPシリーズ 特徴




・ハイビジョン放送をたっぷり録画できる!!
テレビ本体で番組録画が楽しめるHDD内蔵です。さらに、ハイビジョン放送を通常の8倍長く録画できるTSX8モードに対応しているので、最大約200時間録画が可能です。また、録画容量を増やせるカセットHDD(iVDR)対応です。

・高画質画像処理技術
環境や映像シーンを細かく分析し、最適な高画質映像を実現するWoooの高画質画像処理技術がさらに進化。画像の色、コントラスト、明瞭度をより美しく再現します。

・インテリジェント・オート高画質
内蔵センサーが、日差しや蛍光灯などの光を分析し、視聴に最適な高画質に自動調整。いつでも自然でリアリティーある美しい映像を楽しめます。また、視聴環境にくわえ、映像のシーンや番組のジャンルまでも検知し、最適な絵づくりをします。
スポンサーサイト

Wooo XP05シリーズ特徴




・「XP05」シリーズは、3系統の地上デジタルチューナーを備え、デジタル放送を視聴中に別の2番組を同時に録画できる「ダブル録画」機能を搭載したのが特徴です。

・HDトランスコード/トランスレート技術「XCodeHD」を採用した「ハイビジョン8倍録画」機能により、内蔵する320GBのHDDでは、最長約 256時間のハイビジョン録画が可能。
・別売のカセットHDD「iVDR-S」に対応した「iVポケット」も搭載していおり、録画番組のダビングや録画容量の増量も可能。

画質面では、新開発の超解像技術「ピクセルマネージャー」を採用。映像の部分ごと(領域別)の解像度に応じて最適な高精細化を行い、奥行き感のある鮮明な映像を実現している。

プラズマディスプレイには、コントラスト比を500万:1まで高めた新開発の「フルHDダイナミック・ブラックパネル2」を採用し、豊かな階調表現と、深みのある映像を実現している。

液晶モデルは新IPSαパネルを採用し、37型「L37-XP05」が1,920×1,080ドットのフルHD解像度、32型が1,366×768ドットとなります。新たに光沢(グレア)処理パネルを採用したことで、つやのある鮮鋭な画像表現を可能にしました。視野角は左右178度です。

・音響パワー補正技術「CONEQ」の採用や、スピーカーの開口率の大幅拡大など、音質面も強化。ネットワーク機能は、家庭内のDLNA対応機器との間で、録画番組や写真を共有して楽しめる「AVネットワーク」、映像配信サービス「アクトビラビデオ・フル」、Woooユーザー専用ポータルサイト「Wooonet」などをサポートする。

| 液晶テレビ選び方ガイドホーム |
液晶テレビ選び方ガイドPage Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。