スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

LED AQUOS SEシリーズ、SCシリーズ特徴



●次世代液晶パネル・LEDバックライトの組み合わせと省エネ設計で高画質と業界NO.1の低消費電力を実現
・新開発「UV2A技術」搭載の次世代液晶パネルによる高コントラスト、「輝く白」、「沈み込んだ黒」を表現
・光源には高精度・高効率発光のLEDバックライト採用
・業界NO.1の低消費電力を実現。(DS6比約30%削減)※SEシリーズ

●人の動きを感知する「ムーブセンサー」新搭載
・人の動きに応じて自動で節電モードに切換える「ムーブセンサー機能」
・部屋の照明を消せば自動でテレビ電源がオフになる「照明オフ連動」

●いつも見る番組/ジャンルをテレビが学習「常連番組ボタン」搭載
スポンサーサイト

AQUOSクアトロン XFシリーズ特徴



XFシリーズは、エッジ式のLEDバックライトを採用。最薄部を3.9cmとし、画面とフレームの間の凹凸をなくしたフルフラットのスタイリッシュなデザインが特徴となる。

・地上アナログテレビチューナーと、シングルの地上/BS/110度CSデジタルテレビチューナーを搭載。
解像度は1,920×1,080 ピクセルのフルHD。
コントラスト比は500万:1。視野角は上下/左右各176度。
スピーカーは7.5W×2+15W。インターフェースは、 HDMI×3/D5/USB/ミニD-sub15ピン/LAN/ヘッドホンなど。
付属品はテーブルスタンド/リモコン/映像・音声中継コード/転倒防止用部品一式など。

AQUOSクアトロン 3DモデルLVシリーズ特徴



シャープが4原色液晶技術「AQUOSクアトロン」を搭載した薄型テレビ
7月30日発売の3Dモデル「LV」シリーズ

LVシリーズはフレームシーケンシャル方式で3D表示を行なう。クアトロン液晶採用により、従来比約1.8倍の画面輝度を実現。専用のシャッター式3Dメガネを通して見ても明るい映像が楽しめる。さらにリモコンの「3D 明るさアップ」ボタンを押すことで、段階的に明るさを変えることができる。

・4色それぞれのサブピクセルを組み合わせて表示する「フルハイプラス」エンジンを搭載。
・機能面では、市販のUSB HDDへの番組録画に対応。
・スピーカーは4ウェイ8スピーカーを内蔵。
・低振動ウーファー「Duo Bass」や映画館やホールのような音響特性を再現するLSI「AudioEngine」などにより立体感のある音質が楽しめます。
・赤、緑、青に黄色を加えたクアトロン液晶パネルを搭載。

| 液晶テレビ選び方ガイドホーム |
液晶テレビ選び方ガイドPage Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。